取引のシステムを具体的に学ぼう

取引をする時に必要な基本用語

FXには、取引単位という用語があります。
それは取引をする時に、最低でも必要な通貨の単位のことを指します。
ほとんどの業者では、10000通貨単位や1000千万通貨単位で取引されています。
単位が大きくなると、最初に用意するお金も増えます。
予算が少なくて、そんなに用意できない人も見られます。
少ない金額でFXを開始するなら、最低取引単位が低い業者を選択してください。

中には、1通過単位で取引ができる業者も見られます。
そこだと、予算が少なくても気軽に開始することができるでしょう。
初心者がいきなり大金をつぎ込んでも、利益を得られなかった時の損失が大きくなるだけです。
リスクを軽減できるよう、最低取引単位が低い業者を探してください。

レバレッジは重要な用語になる

レバレッジという用語は、聞いた事がある人が多いと思います。
この用語も、FXで取引を成功させるために欠かせないものです。
レバレッジとは、自分の出したお金にかける数のことを言います。
2をかければ、取引が成功した時に2倍の利益を得ることができます。
同じ仕組みで3をかければ3倍に、10をかければ10倍になります。

少ない元金でも、10倍や20倍を選択すればすぐに大金を入手することができます。
しかし、取引が失敗した場合はその分のお金を失うと思ってください。
初心者が10をかけて、失敗して資産を失ってしまったというケースがよく見られます。
まずは、2倍から初めてください。
慣れたら少しずつ、レバレッジを高くしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る